シェア型書店「ほんまる 神保町」に時代小説SHOWの棚ができました

文庫●2023年7月下旬の新刊

アドセンス広告、アフィリエイトを利用しています。
スポンサーリンク

時代小説●文庫新刊情報|2023年7月下旬の新刊(21日→月末)

2023年7月21日から7月末日の間に文庫で出る時代小説の新刊情報です。
新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

角川文庫
鈴木英治さんの『江戸の探偵』
石見国加瀬津、叔父が切腹を装った他殺体で見つかり、下手人を見抜いた普請方同心、永見功兵衛は、剣の腕前と頭の切れから、城主の小姓に登用されます。やがて藩を揺るがす陰謀に巻き込まれた功兵衛は城主を救うため、江戸へ奔ります。文庫書き下ろし時代小説の名手である著者が贈る、新シリーズ開幕。

永井義男さんの『ご隠居同心』
身請けされた吉原の花魁の脱出を手伝ってほしい――、南町奉行所の同心を長年勤め上げて引退した成島重行は、隠居生活を始めた矢先に厄介な問題を持ち込まれました。

畠中恵さんの『あしたの華姫』
江戸は両国の見世物小屋で評判の、姫様人形・お華と、その遣い手の月草。月草が声色を変えてしゃべっているはずなのだが、「お華には特別な力がある」「真実を語る」ともっぱらの噂。
陰謀渦巻く両国で、月草はお夏を守りきれるのでしょうか? 一人二役、二人で一人、月草とお華の謎ときが始まります。

集英社文庫
朝井まかてさんの『類』
第34回柴田錬三郎賞受賞作。
明治四十四年、文豪・森鴎外の末子として誕生した類。優しい父と美しい母志げ、姉の茉莉、杏奴と千駄木の大きな屋敷で何不自由なく暮らしていました。大正十一年に父が亡くなり、生活は一変。大きな喪失を抱えながら、自らの道を模索する類は、杏奴とともに画業を志しパリへ遊学。帰国後に母を看取り、やがて、画家の娘と結婚。明るい未来が開けるはずが、戦争によって財産が失われ困窮していきます。
鴎外の末子、森類の愛と苦悩に満ちた生涯を描いた長編小説。

神永学さんの『火車の残花 浮雲心霊奇譚』
「地獄の業火で焼かれるがいい」女の口から漏れた赤い炎が、男の全身を包んだ――。川崎の宿場町で妖怪・火車が次々と人を焼き殺すという怪異が発生。憑きもの落とし・浮雲と薬の行商・土方歳三は、道中で知り合った才谷梅太郎((実は坂本龍馬)とともに調べを進めると、そこには若く美しい女の悲しい物語が秘められていました。
時代小説の概念を覆す、幕末ホラーミステリ。

(公社)日本文藝家協会編さんの『時代小説 ザ・ベスト2023』
気鋭の作家から時代小説をリードする作家まで、佐々木功、矢野隆、今村翔吾、米澤穂信、伊吹亜門、木下昌輝、蝉谷めぐ実、斜線堂有紀、武川佑、花房観音による、2023年を代表する傑作時代小説短編集。

中公文庫
上田秀人さんの『夢幻(上)(下)』
本能寺で織田信長が討たれました。わずかな供と堺にいた盟友の徳川家康は、明智光秀の追っ手から逃れるため切腹せんとするも、本多忠勝ら重臣に止められます。ここで死ねば、三河と駿河・遠江の家臣がそれぞれ幼少の息子たちを担ぎ、家が「割れる」と。
英傑とその後継者の相克を描いた、骨太な戦国ドラマ第一部・徳川家康篇。
下巻は第二部・織田信長篇。

二見時代小説文庫
西川司さんの『深川の重蔵捕物控ゑ2 縁の十手』
重蔵が世話をして所帯を持った長吉が女房を捨てて幼馴染の女、商家の主の妾と一緒になると言います。ところが、その主が妾の家の近くで殺されているのが見つかり、現場には長吉の手拭いが落ちていました。別れ話にもじっと忍ぶ長吉の女房、重蔵の推理が下手人を追い詰める、シリーズ第2弾。

新潮文庫
志川節子さんの『芽吹長屋仕合せ帖 日日是好日』
長屋に暮らしながら縁結びの仕事に生きがいを感じているおえん。だが、三十路半ばにして、ふと思案することも。私は一人で生きていくのだろうか……。 そんな時、持ち込まれたのは、あろうことか、別れた夫の再婚話、そして自分の見合い話でした。
縁が縁を呼び、人と人がつながっていく中で、出会えたご縁とは。芽吹長屋仕合せ帖シリーズ最終巻。

仁志耕一郎さんの『凜と咲け 家康の愛した女たち』
したたかに、大胆に、女の筋を通した女性たち。正室築山御前〈最後の恋〉にはじまり、出奔した側室お万ノ方の破天荒な生き方、老いても家康に大切にされた西郡ノ局、大坂落城後、秀頼の妻千姫を誠実に励ましたお夏ノ方、下層の出自ながら懸命に仕えた茶阿ノ方、女性として最高位に昇りつめた阿茶ノ局……。家康を支えながらも、自分らしく生き抜いた魅力的な六人を存分に描き出す傑作短編集。

!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:新装版/復刊
:気になる/チェックしたい

●7月21日発売 KADOKAWA・角川ソフィア文庫
『小右記 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典』藤原実資『小右記 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典』
『増補カラー版 九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史』山本聡美『増補カラー版 九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史』
『現代語訳 江戸府内絵本風俗往来』菊池貴一郎『現代語訳 江戸府内絵本風俗往来』
●7月21日発売 KADOKAWA・角川文庫
『大河の剣(七)』稲葉稔『大河の剣(七)』
『江戸の探偵』鈴木英治『江戸の探偵』
『蒼き太陽の詩3 アルヤ王国宮廷物語』日崎アユム『蒼き太陽の詩3 アルヤ王国宮廷物語』
『ご隠居同心』永井義男『ご隠居同心』
『神剣 人斬り彦斎』葉室麟『神剣 人斬り彦斎』
『あしたの華姫』畠中恵『あしたの華姫』
『皇帝の薬膳妃 赤椿と蒼き地の波瀾』尾道理子『皇帝の薬膳妃 赤椿と蒼き地の波瀾』
『高家表裏譚7 婚姻』上田秀人『高家表裏譚7 婚姻』
●7月21日発売 集英社・集英社文庫
『類』朝井まかて『類』
『火車の残花 浮雲心霊奇譚』神永学『火車の残花 浮雲心霊奇譚』
『ばけもの厭ふ中将 戦慄の紫式部』瀬川貴次『ばけもの厭ふ中将 戦慄の紫式部』
『時代小説 ザ・ベスト2023』(公社)日本文藝家協会編『時代小説 ザ・ベスト2023』
●7月21日発売 中央公論新社・中公文庫
『剣神 心を斬る-神夢想流林崎甚助7』岩室忍『剣神 心を斬る-神夢想流林崎甚助7』
『夢幻(上)』上田秀人『夢幻(上)』
『夢幻(下)』上田秀人『夢幻(下)』
『歴史のなかの邂逅-同時代篇』司馬遼太郎『歴史のなかの邂逅-同時代篇』
『ゆめはるか吉屋信子-秋灯机の上の幾山河(中)』田辺聖子『ゆめはるか吉屋信子-秋灯机の上の幾山河(中)』
●7月25日発売 春陽堂書店・春陽文庫
『天保図録(三)』松本清張『天保図録(三)』
『天保図録(四』松本清張『天保図録(四』
『女人国伝奇』山田風太郎『女人国伝奇』
●7月26日発売 二見書房・二見時代小説文庫
『徒目付暁純之介御用控 潔白の悪企み』榊一太郎『徒目付暁純之介御用控 潔白の悪企み』
『無敵の別式女 古来稀なる大目付9』藤水名子『無敵の別式女 古来稀なる大目付9』
『柳橋ものがたり 10』森真沙子
『深川の重蔵捕物控ゑ2 縁の十手』西川司『深川の重蔵捕物控ゑ2 縁の十手』
●7月28日発売 新潮社・新潮文庫
『芽吹長屋仕合せ帖 日日是好日』志川節子『芽吹長屋仕合せ帖 日日是好日』
『金春屋ゴメス 因果の刀』西條奈加『金春屋ゴメス 因果の刀』
『凜と咲け 家康の愛した女たち』仁志耕一郎『凜と咲け 家康の愛した女たち』

↑ 新刊情報Topへ← 2023年7月の新刊 中(11日→20日)2023年8月の新刊 上(1日→10日) →

単行本★2023年7月の新刊
単行本★時代小説新刊情報|2023年7月の新刊(1日→末日) 2023年7月1日から7月末日の間に、単行本(新書含む)で刊行される時代小説、歴史関連書の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンク...