スポンサーリンク

文庫●2022年2月中旬の新刊

時代小説●文庫新刊情報|2022年2月中旬の新刊(11日→20日)

2022年2月11日から2月20日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

今回は、時代小説文庫の新刊に注目しています。

知野みさきさんの『獅子の寝床 神田職人えにし譚』
深川に住む紅屋の女将・牡丹から、煙草入れを縫箔師の咲に、煙管と金具を錺師の修次にそれぞれ作ってほしいとの依頼が来ましたた。同じ小間物を扱う職人同士の二人は、共に仕事をすることに。そんな折、咲の後をつける不審な男が……。お仕事人情時代小説シリーズ第4巻。

高田郁さんの『あきない世傳 金と銀(十二) 出帆篇』
浅草田原町に江戸本店を開いて十年。藍染め浴衣地でその名を江戸中に知られる五鈴屋ですが、再び呉服も扱えるようになりたい、というのが主従の願いでした。仲間の協力を得て道筋が見えてきたものの、決して容易くはありません。商いの流れに乗り、いよいよ出帆の刻を迎える、シリーズ第12巻。

光文社文庫からは、辻堂魁さんの『夜叉萬同心 一輪の花』が出ます。
夜叉萬と恐れられ、また揶揄される北町の隠密廻り同心・萬七蔵。品川宿の旅籠島本が押し込みに遭い、主らが殺害された事件の探索を任されます。夫亡き後、島本を守る女将に次なる魔の手が伸びようとしていました。

講談社文庫は、今月も楽しみな新刊が並びました。

『読んで旅する鎌倉時代』は、NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で注目される鎌倉殿の時代を描いた13の短編を収録。
執筆している作家陣が、高田崇史、赤神諒 、阿部暁子、天野純希、小栗さくら、近衛龍春、鈴木英治、砂原浩太朗、武内涼、鳴神響一、松下隆一、矢野隆、吉森大祐(敬称略)と、超豪華です。

矢野隆さんの『戦百景 関ヶ原の戦い』
『長篠の戦い』、『桶狭間の戦い』と続く、「戦百景」シリーズ第3弾は、関ヶ原の戦いです。
慶長3年、死の床にあった豊臣秀吉から側に侍る石田三成に「なんとしても家康を殺せ」と密命が下ります。一方、家康からも黒田長政へ、豊臣恩顧の武将を束ねて味方につけろと密命も下されるます。両雄の密命の果てに、それぞれの思惑を持った武将たちが関ヶ原の戦場に向かいます。

今村翔吾さんの『イクサガミ 天』
明治11年。深夜の京都、天龍寺。「武技ニ優レタル者」に「金十万円ヲ得ル機会」を与えるとの怪文書によって、腕に覚えがある292人が集められました。
新直木賞作家による、明治時代を舞台にした驚天動地のデスゲームを描く、3巻完結・新シリーズ開幕!

集英社文庫で気になるのは……。

岩井三四二さんの『「タ」は夜明けの空を飛んだ』
日露戦争で日本海軍がバルチック艦隊を撃破した裏には、無線開発者たちの知られざるドラマがありました! 戦国時代小説の名手が取り組む、三六式無線電信機の開発秘話を描いた明治歴史小説。

!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:新装版/復刊
:気になる/チェックしたい
:文庫書き下ろし

●2月14日発売 講談社・講談社文芸文庫
『漱石山房の人々』林原耕三『漱石山房の人々』
●2月15日発売 角川春樹事務所・時代小説文庫
『獅子の寝床 神田職人えにし譚』知野みさき『獅子の寝床 神田職人えにし譚』
『あきない世傳 金と銀(十二) 出帆篇』
→記事:「2022年2月中旬の新刊(文庫)」をアップ
→記事:いざ呉服商いの海へ。五鈴屋主従と仲間らが、いよいよ出帆
高田郁『あきない世傳 金と銀(十二) 出帆篇』
●2月15日発売 光文社・光文社知恵の森文庫
『世界史が面白くなる首都誕生の謎』八幡和郎『世界史が面白くなる首都誕生の謎』
●2月15日発売 光文社・光文社文庫
『夜叉萬同心 一輪の花』辻堂魁『夜叉萬同心 一輪の花』
『研ぎ師人情始末15 故郷がえり 決定版』稲葉稔『研ぎ師人情始末15 故郷がえり 決定版』
『闇御庭番9 鵺退治の宴』早見俊『闇御庭番9 鵺退治の宴』
●2月15日発売 講談社・講談社文庫
『夢介千両みやげ 完全版(上)』山手樹一郎『夢介千両みやげ 完全版(上)』
『夢介千両みやげ 完全版(下)』山手樹一郎『夢介千両みやげ 完全版(下)』
『読んで旅する鎌倉時代』
→記事:「鎌倉殿の13人」を楽しむ、13の短編でめぐる鎌倉歴史の旅
高田崇史、赤神諒他『読んで旅する鎌倉時代』
『戦百景 関ヶ原の戦い』矢野隆『戦百景 関ヶ原の戦い』
『十万石の誘い 公家武者信平ことはじめ(七)』佐々木裕一『十万石の誘い 公家武者信平ことはじめ(七)』
『イクサガミ 天』
→記事:明治の東海道を舞台に、命と金を懸けた、バトルロイヤル開幕
今村翔吾『イクサガミ 天』
『八丁堀の忍(六) 死闘、裏伊賀』倉阪鬼一郎『八丁堀の忍(六) 死闘、裏伊賀』
●2月18日発売 PHP研究所・PHP文芸文庫
『文蔵2022.3』
→記事:『文蔵2022.3』特集は「小説カフェ」で一休み
「文蔵」編集部編『文蔵2022.3』
●2月18日発売 集英社・集英社文庫
『辻番奮闘記 四 渦中』上田秀人『辻番奮闘記 四 渦中』
『「タ」は夜明けの空を飛んだ』岩井三四二『「タ」は夜明けの空を飛んだ』

↑ 新刊情報Topへ← 2022年2月の新刊 上(1日→10日)2022年2月の新刊 下(21日→月末) →

単行本★2022年2月の新刊
単行本★時代小説新刊情報|2022年2月の新刊(1日→末日) 2022年2月1日から2月2月末日の間に、単行本(新書含む)で刊行される時代小説、歴史関連書の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ペー...